化粧水でほうれい線予防

化粧水でほうれい線予防
ほうれい線が気になるので、とにかく高いクリームや美容液を購入してつけておけば良いと思っていたり、エステサロンに全てお任せ自宅ではほとんどケアしない、という人もいるようです。
もちろんそれらのことも効果があるのですが、何より大切なことは日々の自宅でのスキンケアだということをご存知でしょうか。
丁寧に洗顔して優しくタオルドライしたあと、化粧水とクリームを塗る、ということが最低のケアです。その中でも化粧水はほうれい線予防にとって大きな役割を果たしているのです。
洗顔した後、適当にパッパと付けている人も多いかもしれません。それから、高額な化粧水を使っているため、ちびちびと付けているのかわからないくらいの量を使用しているかもしれません。
化粧水は肌が十分潤うと実感出来るくらい、たっぷりと使うことが重要ですので、あまりに量を減らしてしまうと効果が半減するばかりか、乾燥を招いてしまいます。ほうれい線は、肌が乾燥してさらに起こりやすくなる現象ですので十分注意しましょう。
値段を気にせずに、毎日たっぷりと使うことが出来る化粧水を選ぶことがポイントです。
洗顔してからしばらくすると、肌は洗顔によって水分や油分が一時的に失われている状態ですので、どんどん乾燥してつっぱってきます。
ですから、出来れば洗顔してすぐに化粧水を付けていきましょう。30秒以内に化粧水をつけたほうがいいと聞いたことがあるかもしれませんが、乾燥を防ぐために言われていることなのです。
化粧水を肌につけるとき、コットンか手か迷いますね。大きいコットンや、分厚いものですと化粧水がたくさんコットンに吸収されてしまうので、コットンを使いたいならば、繊維が細かく毛羽立たない薄いものが良いです。
しかしあまり強くパッティングしてしまうと、それだけでほうれい線が気になる肌状態ですと、さらに傷つけてしまいかねないので、優しく手で肌に馴染ませながら付けるのでも十分ですよ。